学園紹介

学校法人佐藤栄学園は、創始者佐藤栄太郎前理事長が定めた建学の精神「人間是宝」を掲げ、昭和46年1月、埼玉県から認可を受けた。
 これは、佐藤由江初代校長が昭和34年に開校した埼玉自動車整備技術学校(現専門学校埼玉自動車大学校)を母体とするものでありました。
 以後、埼玉栄高等学校、埼玉栄東高等学校(現栄東高等学校)、花咲徳栄高等学校、栄北高等学校、栄東中学校、埼玉栄中学校、さとえ学園小学校、埼玉短期大学(後に廃止)、平成国際大学、大宮法科大学院大学(後に閉学)、専門学校埼玉自動車大学校及び専門学校日本美術学校(現日本美術専門学校)、北海道栄高等学校(後に移管)を開校し、現在では10校を擁する学園となっております。
 建学の精神「人間是宝」は、人は一人ひとりが宝の原石であり、その原石を磨き上げて文字どおりの「宝」とするために教育はあるということです。
 天然資源に恵まれない我が国にあっては、人こそ生きた資本資産であるととらえ、内在する可能性を拓き、常に創造する心と知性を育て、人間性豊かな徳操を養い、広く世界文化経済発展の先覚者としての自覚をもち平和社会の奉仕に励みこれを実践することを使命としております。
 校訓「今日学べ」は、これを実践する上での心構えであります。明日に甘えることなく、今日できることは今日のうちにやるという姿勢をめざしたものです。
また、本学園の教育は「創造・挑戦・感動」の3つの理念によって支えられております。
自分の未来において本当にしたいことを考えることが「創造」で、その目標を成し遂げるためには「挑戦」が必要となります。そしてその後に「感動」が生まれ、生涯にわたって忘れることのできないすばらしい財産となるのです。
 今後とも佐藤栄学園は、グループ各校の特色をさらに発揮し、若人の未来を拓く学園となるため、全力を尽くしてまいります。

歴代校長

人生は重荷を負って遠い道を行くようなものであるといわれています。
人生にも避けることのできない苦しい道があります。
これを乗り越えていくか打ちひしがれるか進むべき道は二つに一つしかありません。
君達は苦難と戦って明るいみちをえらび目的の彼岸に到達されますように。
創立者 佐藤 由江
誠実こそ自動車整備士に期待する最も大切な信条であり、
良き社会人育成を旗印とし技術を練磨し、
健全なる身体と精神の滴養に努め光輝ある校風を養おう。
二代校長 佐藤 栄三郎
「人間是宝」
天然資源に乏しい日本にあって、何よりの「資源」は「人」ではないでしょうか。
人は一人ひとりが宝の原石であり、素晴らしい資質を持っています。その原石を磨き上げ、文字どおりの「宝」とするために教育はある、というのが私の信念だったのです。
創始者 初代理事長 佐藤栄太郎
このページの先頭へ